Drop into 花鳥画

野鳥好きのライターが花鳥画についてイチから探索する日々を綴ります

「名作誕生 つながる日本美術」

花鳥画では、「他人の絵を写す」ことが一般的な手法の一つであることを、今橋理子さんの著書で知った。そうした写し写されの軌跡を、実物の作品でたどる展覧会「名作誕生 つながる日本美術」が東京の国立博物館で開催中だ。待ちに待った企画展。初日に出かけた。

 

奈良時代から作られてきた木彫りの薬師如来像。薄暗い展示室に、さまざまな年代に作られた国宝・重要文化財級の薬師如来がスポットライトを浴びてずらりと立ち並ぶ。最初の部屋からして、なんかもうすごい迫力だ。

 

平安~鎌倉時代に彫られ、描かれた普賢菩薩のさまざまなバリエーション、聖徳太子の伝記絵と来て、次がいよいよ、山水画花鳥画が取り上げられる「巨匠たちのつながり」の部屋。

 

興奮した。ついこのあいだ宮崎法子さんの本で学んだばかりの中国の山水画の名品が目の前にある。水墨で描かれた幽玄の世界。モチーフをよく見てみれば、旅人……いる。漁師……いる。楼閣……ある! 特に、玉カン(さんずいに門構えに月)の「山市晴嵐図」(南宋~元時代)と、伝玉カンの「山水図」(元時代)に感動。抽象画っぽくもあり、ずーっと眺めていられる絵だ。

 

そして、室町時代に中国に渡った雪舟等楊は、こうした中国の水墨山水画を数多く模写し、その技法を我が物としていったという。丸で囲った枠内に水墨画を模写し、枠内に自分の署名(雪舟)、枠外にお手本の作者の名前を入れた作品も、お手本の絵とともに展示されていた。こうやって練習を重ねたんだなーということがよくわかる。その雪舟の模写をさらに狩野常信が模写した絵もあり、なんだかくらくらしてくる。

 

もうひとつ刺激的だったのは、雪舟が仲を取り持ったとされる中国と日本の花鳥画の変遷。ダイナミックで鮮やかな明時代の花鳥画を、雪舟は日本ならではの「四季花鳥図」のフォーマットの屏風絵として描いてみせた。それをさらに、次世代の狩野元信がよりすっきりとした画面に整理し直した。

 

明の花鳥画2点、雪舟の「四季花鳥図」、元信の「四季花鳥図」の計4点が並んでいるのだが、ひとつ気づいたことがある。それは、明の花鳥画では鳥は雌雄のペアで描かれている一方、雪舟と元信の絵では、ペアでない鳥もいて、またペアであっても二羽の距離がやや離れている構図があるということだ。

 

わかりやすいのがオシドリの描かれ方。明の呂紀の「花鳥図」では、水の上で鮮やかな羽色のオシドリの雄が振り返り、その視線のすぐ先に雌のオシドリがいる。二羽の距離は近い。一方、雪舟の「四季花鳥図」では同じように向き合うオシドリのペアが描かれているものの、二羽の間の距離は離れていて、前者の絵に比べると親密さは半分くらいという印象だ。

 

再び宮崎さんの本を思い出すならば、これはやはり、中国の花鳥画が単なる自然の描写ではなく、「吉祥」の意味を担うものであったからだろう。中国で雌雄のオシドリ夫婦円満の象徴だった。ほかに描かれているカモやキジ、キジバトムクドリのような鳥も、みな二羽が寄り添うように描かれている。これはもう、絵全体として、夫婦円満、幸せな結婚を願っていると解釈してよいのではなかろうか。

 

一方で、そうした吉祥の意味は、雪舟や元信においては手本とする明の花鳥画から何はさておき継承するべき重要事項ではなかったように見える。そこが、中国と日本の花鳥画の違いなのだろう。おめでたさという象徴的な意味を込めるよりも、画面上にバランスよく鳥や植物を配置することを重視し、さらにそこに独自のチャレンジ精神も発揮した。そんなふうに思えた。

 

そして伊藤若冲。このセクションも凄まじかった。

 

目玉はタンチョウの絵。15世紀の日本に、中国の文正(ぶんせい)による「鳴鶴図」(元~明時代)がもたらされた。二幅からなるこの絵の右幅を、まずは狩野探幽が模写。次いで、若冲が二幅とも模写するのだが、左幅の背景の松は、陳伯冲(ちんはくちゅう)の「松上双鶴図」というまた別の絵から写してきている。展示では、この四者の絵がすべて実物で並べて掛けられている。

 

f:id:kachoga:20180423165552j:plain

(白鶴図、伊藤若冲

 

こうやって展示されると、若冲や探幽が、元の絵のどこを正確に写し取り、どこを独自に変えたのかがよくわかる。両者とも、鶴の形はまったくそのまま写している。これだけ正確に模写できるというその技術にまず圧倒される。羽毛や足の質感は、少し異なる印象だ。細部を写すことに一生懸命になるあまり生々しさが増した、というのが若冲の絵の印象。特に白い羽毛の表現は、透き通るようで息を呑むほど美しい。

 

細部が生々しいという点で、若冲の絵はふと草間彌生を連想させたが、これは短絡的すぎるだろうか。背景の表現は、若冲に至っては別の絵から松のモチーフを借りてきたように、たいぶ変わっている。

 

鶏の絵のセルフパロディもおもしろく見つつ、個人的にテンションが上がったのはそのあとの「つながるモチーフ/イメージ」の部屋にあった「蓮池水禽図」だ。

 

中国で古代からさかんに描かれてきたこの画題は、宋以降、描かれるオシドリの雄が地味になる、ということは宮崎さんの本で学んだ。この部屋には、中国と日本のさまざまな「蓮池水禽図」が並べてあったので見てみると……。中国の「蓮池水禽図」は3点。描かれているのはすべて地味なカモ、そしてサギ。描かれた時代は、宋~元だ。やはり派手な冬羽のオシドリは描かれていない。日本の絵は鎌倉時代のものが2点。描かれているのは、両方とも派手なオシドリ。ひとつは派手な雄と地味な雌のペアだが、もうひとつは二羽とも派手で、雄同士にさえ見える。

 

f:id:kachoga:20180423170346j:plain

(蓮池水禽図、鎌倉時代

 

これはおそらく、宋よりも前の時代に描かれた「蓮池水禽図」が日本に入ってきて、それを模写したものなのだろう。そんな推理ができたことに密かに悦に入りつつ、時代は下って江戸時代の酒井抱一の描いた「白蓮図」の、なんと洗練された美しさであることよとうっとりした。

 

この展覧会は、前期と後期で大きく展示替えがある。もちろん後期も行かなければ。

 

meisaku2018.jp